子どもの内に矯正歯科

見えない矯正歯科治療

トップ / 見えない矯正歯科治療

矯正歯科と顎の関係とは 

乳歯のうちで、まだ永久歯にもなってないから歯の矯正は必要ないと考えられている方は大きな間違えです。子供のうちだからこそ、矯正歯科で歯の矯正をしっかりとしてもらう必要があります。乳歯は歯並びが悪い状態で放置すると、悪い傾きの歯に沿って顎が成長してしまうために、悪い顎の成長の仕方をしてしまいます。よって、次に生えてくる永久歯も歯並びが悪い状態になり、顎の成長が止まってしまうと、治すのが難しくなってしまいます。矯正歯科は早めに受けると、顎を正常な状態で成長させることができるので、歯並びが綺麗になります。

歯並びの影響と矯正とは 

矯正を必要とする歯並びの影響とは、受精の前の遺伝子情報の段階ですでに歯並びが悪くなる情報が含まれている、胎内での成長中の障害や母体の健康状態や栄養によって起こる病気の先天的な影響、生まれた後に起こる病気や栄養状態、おしゃぶりなどの癖に夜後天的な影響などが挙げられます。矯正をする際には、子供の頃から行うことがベストです。子供の頃ならワイヤーなどが少なくて済むので、大人になってからするよりも安く済みます。歯並びは健康状態にも様々な影響を与えるために健康のためにもしっかりと歯並びを治しておくことが大切です。