葬儀に参列するときは

今の葬儀のかたちとは

トップ / 今の葬儀のかたちとは

葬儀は最低限のマナーで可 

葬儀のマナーにもいろいろありますが、訃報を聞いた時にまず考えなければいけないのは、先方のお葬式に対する考え方と宗教です。最近は家族葬や直葬と呼ばれる他人を呼ばない方法など、様々な見送り方法があります。こういう場合は、後日お悔やみの品とお手紙をお送りすると良いでしょう。相手の負担にならないことが基本です。葬儀に出席する場合は宗教をチェックしておきましょう。御霊前と書かれたものはどの宗教でも使えます。遺族へお悔やみの気持ちをきちんと伝えましょう。

葬儀での服装に関するマナー 

喪服ですが、故人とは、それほど親密でなかった人が、葬儀の時に正式な喪服を着るのは、周りにおかしな印象をあたえてしまう可能性があります。葬式で正式喪服を着てもおかしくないのは、親族や故人と非常に親しい間柄であった人だけです。それ以外の人は葬儀には、略式礼服で弔問するのが無難です。また、その他にも、女性であればアクセサリーはつけない、服の生地に関しては光沢のあるものや透けるものは避ける、着丈は街着よりも少し長めにする、といった配慮が必要です。男性は、光るカフスボタンなどは避けましょう。